食事で症状緩和|もう腎臓病なんて怖くない

たんぱく質の制限食

和食

食事のバリエーションを豊かにして、飽きをこさせない様にする事や、普段の生活に取り込みやすいものにする事が大事です。腎臓病食にも種類があり、宅配メーカーで味などの差が出るので、良く考えて質問したりして決める事が大事なのです。

健康的な生活を送る

食事

誰もが健康的な生活を送りたいと考えています。病気になりたいと考えている人はいないでしょう。日頃のケアはもちろん大切ですが、もしも病気にかかってしまったときにはどうすればいいのでしょうか。大切なことの一つは食事です。食事は健康であるときでも当然大切なのですが、病気にかかってしまってからも気を付けなければなりません。例えば腎臓病にかかってしまった場合、食事は治療に匹敵するほどの効果を持ちます。腎臓の機能が悪くなると、健康な時には正常に排泄できていたものができなくなり、その結果として体全体に影響を及ぼします。栄養の摂りすぎは体に負担をかけることとなり、別の病気を併発してしまう恐れもあるのです。そのようにならないために、食事は大切なのです。

先ほどの腎臓病を例にします。腎臓病は血液中に溜まった老廃物をろ過する機能が低下する病気です。タンパク質の摂取は特に気を付けなければなりません。健康な腎臓であれば問題のない量のタンパク質でも、腎臓病にかかっている状態の腎臓には大きな負荷となります。ただ、栄養が不足してしまってもよくありません。カロリーはしっかりととらなければいけません。もしカロリーが不足してしまうと、体内のタンパク質が分解され、結果として血液中の老廃物が増え、腎臓に負荷をかけることになるのです。摂りすぎてもだめ、不足してもだめ、と自分で考えるにはなかなかバランスが難しいです。病気にかかってしまった時は医者や栄養管理士がしっかりと考えてサポートしてくれるので安心です。

健康の為の料理

和食

腎臓病の食事は肥満にならないように気をつけるようにして、肝臓の負担にならないような自然の食品を摂取するようにします。加工品や添加物が多い食品は避けて栄養バランスの良い食事を選び、食べ過ぎないようにする事が大切です。

病気の原因と予防

ファミリー

糖尿病になりますと、生活習慣の見直しが必要になり、急な変化はストレスとなります。糖尿病になる前に食事、運動、ストレスについて考えておく事をお勧めします。予防た対策は、自分に合った方法で取り組みましょう。